カーテン ニトリ

ニトリのカーテン選びのコツ(色選び

ニトリさんのホームページでのカーテン選びのアドバイスが的確でとても良かったので、
今回は、色選びについてのコツを紹介します。

ニトリさんのアドバイスではカーテンを選ぶ時に、実は、面積対比と呼ばれる色の性質による視覚効果によって、
カーテンの素材のカットサンプルや写真などでは、
実際にカーテンを部屋に取り付けた時の色や柄よりも、濃い色に感じてしまうそうなんです。

また、細かい柄のカーテンは遠くからみると柄がぼやけて別の色に見えてしまう場合があるようです。
これは加色混合といわれている視覚効果のせいだそうです。

ですので、ニトリさんのホームページでは、カーテンを選ぶ際は、カーテンの生地を
少し離れたところから目を細めて見たり、実際に部屋に取り付けた風景をイメージして下さい、
とアドバイスしていました。

また、カーテンの色から受ける印象についても解説がありました。

●ピンクのカーテン
優しい女性のイメージ。
暖かな印象のお部屋に使われることが多い。

●イエローのカーテン
健康的で鮮やかな黄色は、ベージュやクリーム色などで
取り入れられる事が多い。

●グリーンのカーテン
やさしさと安らぎの色がグリーンになります。
脳の興奮を落ち着かせる働きがあります。
アースカラーのインテリアと相性がいい。

●ブルーのカーテン
色調によって受ける印象が大きく違うの青色の特徴。
希望、爽やかさ、穏やかさ、冷静さ、神秘性を連想させる色です。


ニトリのカーテンは色、デザインが豊富なので、
このアドバイスをもとにカーテンを決定すると、失敗がなさそうですね。

通販 ニトリ

ニトリ 通販の注意点

ニトリ通販にて購入した事がありますか?
ニトリじゃなくても、通販はいろいろと注意するところがあります。

例えば通販には欠かせない配送ですが、
ニトリでは、一部の商品を除き、注文から10日前後に発送となります。

その為に、一部地域では、配送する曜日がかぎられてたり、発送が10日以上も遅れたりする事があるようです。
ニトリのように家具などを通販で購入した場合は、発送の際に決まった時間に来てくれないと、部屋へ入れる事が出来ない。
組み立てることが出来ない・・などの状況にもなってしまいます。

通販購入の際には、しっかりと商品到着まで、ニトリのお問い合わせなどに確認して、
配送を御願いしたほうがいいですね。
また、ちゃんとした配送日とお支払い総額は、注文の翌々日にメールまたは電話にて連絡があると思いますので、その時に時間が合わないなどとわかった場合でもちゃんとつたえましょう。

同じような事ですが、通販には送料がつきものです。
また送料は地域によっても異なってくるので、それもちゃんと確認し、
特別な家具は送料が違うなどという事もありますので、そこもチェックしてくださいね。
通販で失敗しない為には、送料、配送まで気にする事です!!

店舗 ニトリ

ニトリの店舗の広さ

ニトリ店舗はいつも大きくて、買い物もゆったりできる。そんなイメージですが、
実際に店舗の広さは、平均売場面積約4,800m2の広さがあるそうです。

かなり大きいですよね。私は日曜の休日にニトリの店舗へ出かけることが多いのですが、
人が溢れかえる日曜でも、お客様がたくさんいても、ニトリの店舗内はそこまで
息苦しく感じません。そんな店舗内の空気(雰囲気)も人気の秘密かもしれませんね。


ニトリの店舗は、北海道から沖縄まで日本全国にチェーン展開し、
今、現在も店舗が広がり続けているようです。

1店舗平均で、大体1日あたり2000人を超える人がショッピングを楽しんでいるとホームページ
で書いてありました。1店舗平均で2000人です。

全国にあるニトリの各店舗の商品は、家で使うファブリック(布)系と、
日用品を中心としたホームファッション系と、それから家具中心の
「ホームファニチャー」で構成されています。これだけ商品を囲い込んでいると、
ニトリの店舗にいけば、欲しいものがみつかってしまうって感じだと思います。
ニトリの店舗に足を運べばトータルコーディーネートの提案もしっかりされていますので、
楽しく買い物ができ、スムーズに家具や日用品も手に入ると思います。

カタログ ニトリ

ニトリのカタログ使ってますか?

家具や雑貨などまで扱っているニトリですけども、カタログって見た事ありますか?
実はニトリのホームページにてデジタルカタログがあるんです!
もちろん無料で見る事が出来ますので、
ニトリでお買い物の時には、カタログを見てから購入を考えてみるのもいいかもしれませんね。

しかも私は一度しかこのカタログを使った事がありませんが、
とても便利でしたし、思った以上に簡単に見れてびっくりしました。
ネット上でそのまま見れて本物の本のようにめくることも出来ます!
チラシのような一枚の紙という感じでなく、ちゃんとした本としてみる事が出来るのでとても見やすくでいいと思います。
普通の無料カタログだと、いつかはゴミになってしまいますが、デジタルカタログだとそうなる事もなくいいですよね。

大型の家具などは詳細についても色々としっていたいですし、ショップなどで見ると説明が少ない!!などと言うときもカタログなら色々な説明も書かれていてとても便利ですよ。
しかもニトリ近くのニトリで家具などは扱っていないという場合もネットでカタログを見て注文する事もできますしね。
カタログは全部カラーでとても見やすくなっています。

東京 ニトリ

ニトリが東京へ拠点を移したわけ

ニトリのふるさとはもともと北海道だった事はご存知ですか?
今は東京に本社があるので、最近ニトリのことを知った人は東京から始まった事だと思うかもしれないですが、実は、もともとニトリは北海道にあったんです。

ニトリの社長が東京へ拠点を移したわけは、今のまま北海道にいては発展が難しいという事だとおもっていたようで、
札幌では優秀な人材を集める上で不利になるからだといっているようです。
考えてみればやはりそうですよね。東京は全国から人があつまってくるので、東京にいても色々な県と繋がることが出来ますからね。

それに、商品の半分以上はバイヤーが直接アジアなどへ買い付けに行く為、
北海道だと、一度東京へいってその後・・北海道へという事になりますから、
手間なく、集まれる場所と言う意味でも東京がいいようです。

その本社移転がどのようになるかといいますと、
東京都北区に4月に開業した「赤羽店」。現在の本社従業員約500人のうち、営業や商品開発、管理部門などに所属する300〜350人が7月下旬に移るそうです。
本社は道内向けの物流拠点として活用するほか、事務作業も担うそうで、しっかり計画はしているようですね。

<<前の5件  .. 3 4 5 6 7..  次の5件>>



Powered by Seesaa