カーテン ニトリ

ニトリでカーテンについての専門用語

ニトリカーテンを選ぶ時に、知っておくと為になるのがニトリのカーテンについての専門用語。

例えば、こんな言葉はわかりますか?

●1.5ヒダ。これは、主に既製カーテンで使われるスタイルの一種のことです。
ニトリの既製カーテンは1.5倍ヒダを使用しているそうです。

●イージーオーダーカーテン。既製カーテンのサイズが窓に合わない時などに、
希望のサイズにお作りするカーテンのことです。ニトリさんのイージーオーダーカーテンは
2週間くらいかかるそうです。

●ウインドウトリートメント。これは、ウインドウ周りを飾る商品のことを指しています。

●遮光カーテン。光を遮る機能を持ったカーテンのことです。これは、私も購入しましたが、
このカーテンはかなり光を遮ってくれます。

●セパレートスタイル。これは、カーテンが、いくつかに分割されているスタイルのことです。

●バルーンシェード。ローマンシェードというものの一種で、シェードを下げた状態では
ヒダ付きカーテンのように見えます。少し引き上げると裾にふくらみができるものを
バルーンシェードと呼びます。豪華なイメージになるカーテンですね。


ニトリでカーテンを選ぶさいは、こんなちょっとした専門用語を知っておくと
いいと思います。

カーテン ニトリ

ニトリのカーテン選びワンポイントアドバイス

ニトリさんが推薦する、カーテン選びのコツで、視覚効果利用する、
お部屋の統一感を考える、柄を選ぶ、というのがあります。

これはどういう事か、詳しくお話しますと、まず、カーテン選びで視覚効果から
説明します。例えば、同じ柄でも色によって印象が大きく変わるそうなのです。

明るいカーテンの色は、部屋を広くみせたり、天井を高く見せる効果があるそうです。
お部屋の広さや家具の色によって、効果的な色使いを考えてみてください。

そして、ニトリさんのアドバイスでは、カーテンを選ぶ時、お部屋の統一感を
考えて下さいと言っていました。単品のカーテンや、ブラインドだけで決めると、
実際に部屋にカーテンがついた時に、「なんかちがう・・・」
となってしまう可能性があります。

コーディネートに自信のない方でも、色の統一を意識すると、
まとまりやすくなります。

そして、最後に、ニトリさんのアドバイスとしては、
柄での効果。例えばストライプ柄のカーテンは天井を高く、すっきりみせる効果があります。
小柄のカーテンは女の子らしさが演出できます。気に入った柄があれば、
少し離れてみてみましょう。

カーテンを選ぶ時にこんなポイントが分かっていれば、カーテン選びもスムーズに
いきますね!

カーテン ニトリ

ニトリのカーテン選びのコツ(色選び

ニトリさんのホームページでのカーテン選びのアドバイスが的確でとても良かったので、
今回は、色選びについてのコツを紹介します。

ニトリさんのアドバイスではカーテンを選ぶ時に、実は、面積対比と呼ばれる色の性質による視覚効果によって、
カーテンの素材のカットサンプルや写真などでは、
実際にカーテンを部屋に取り付けた時の色や柄よりも、濃い色に感じてしまうそうなんです。

また、細かい柄のカーテンは遠くからみると柄がぼやけて別の色に見えてしまう場合があるようです。
これは加色混合といわれている視覚効果のせいだそうです。

ですので、ニトリさんのホームページでは、カーテンを選ぶ際は、カーテンの生地を
少し離れたところから目を細めて見たり、実際に部屋に取り付けた風景をイメージして下さい、
とアドバイスしていました。

また、カーテンの色から受ける印象についても解説がありました。

●ピンクのカーテン
優しい女性のイメージ。
暖かな印象のお部屋に使われることが多い。

●イエローのカーテン
健康的で鮮やかな黄色は、ベージュやクリーム色などで
取り入れられる事が多い。

●グリーンのカーテン
やさしさと安らぎの色がグリーンになります。
脳の興奮を落ち着かせる働きがあります。
アースカラーのインテリアと相性がいい。

●ブルーのカーテン
色調によって受ける印象が大きく違うの青色の特徴。
希望、爽やかさ、穏やかさ、冷静さ、神秘性を連想させる色です。


ニトリのカーテンは色、デザインが豊富なので、
このアドバイスをもとにカーテンを決定すると、失敗がなさそうですね。

カーテン ニトリ

ニトリさんのカーテンの選び方アドバイス


ニトリさんのホームページでカーテンの選び方について書かれたページが
ありました。結構参考になったので、ここで紹介したいと思います。

ニトリさんによると、リビングには家族が集まるお部屋なので、
ソファなどの家具と色やデザインを合わせて選ぶといいとアドバイスされていました。

ベッドルームにおいては、安眠を考えて光を通しにくい遮光性のカーテンがおすすめです。
また、特に女の人などプライバシーを気にされる方は、ミラー効果のあるレースがオススメだそうです。
更に寝具の柄や色と上手に合わせれば、統一感が生まれて、コーディネートとしてまとまるそうです。

なるほどなぁと同感しました。ニトリさんのホームページでカーテンのことを調べなければ、
気がつかなかったです。実際に、今までこんな細かいところまで考えずに、
カーテンの柄だけを見て、これにしようと決めてました。

更にニトリさんのホームページでは、和室に合うカーテンについてのも
アドバイスが書かれていました。和室のあうのは、なにもすだれや障子窓だけでは
なくて、木製ブラインドや、グリーンやベージュ等のカーテンとも合うそうなんです。

なんか、説得力のある、ニトリさんのカーテン選びについてのアドバイスに、
ますますニトリの高感度が上がりました。

カーテン ニトリ

ニトリのカーテン

私の家のカーテンは全てニトリです。ニトリのカーテンは色も豊富で値段もお手頃で、
サイズもたくさんあるので、気がつけば家のカーテンは全てニトリになってました。

最近ニトリのホームページで得た情報ですが、期間限定でオーダーカーテンの
フェアをしているようです。
国内メーカーのオーダーカーテンなら、最大60%オフになるようです。

既製カーテンは割引対象外らしいのですが、他にも国内メーカーのブライド、ロールスクリーン、
は40%オフ、その他は10%オフでした。

4月の後半から6月頃までの結構長い期間でのフェアになっています。
これだけ長いと、せかされずにゆっくり好きなカーテンを選ぶことができますよね。

ニトリのホームページには、カーテンの選び方のアドバイスも載っていて、
とても参考になります。例えば、キッチンやダイニングのカーテンについては、
汚れやすいうえに、火の扱いのある、キッチン、ダイニング、ニトリでは防炎加工や、
まる洗いOKのカーテン、アルミ製のブラインドをお勧めしていました。

ワンポイントとして、小窓にはブラインドやカフェカーテン、ロールスクリーンなどを取りつけると
おしゃれなアクセントになります。とアドバイスしていました。
さずがニトリさんの的確なアドバイスだ!と関心しました。


Powered by Seesaa